【PS4】FF7リメイク製品版プレイ感想【迷っているなら買い!】

GAME

FF7のリメイクが発売になったけど、買おうか迷う…。

クソゲーじゃなくか不安…

製品版の感想を教えて欲しい!

 

いろいろあってようやく本日、発売になったFF7リメイク。

ただ、発売日に購入して失敗するのは嫌ですよね!

 

私も迷っていましたが、「最悪、すぐにメ◯カリで売ればいいか」と思い本日、購入しました!

まだプレイして2時間ほどですが、非常に満足のいく内容だったのでポイントをまとめました。

今のところ様子見されている方の参考になれば幸いです!

 

・購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

Amazonで見る

楽天で見る       

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】パッケージ版のプレイ開始までの時間は?

(画像引用元:Amazon

FF7リメイク製品版を発売日に購入しましたが、万が一のことを考えてパッケージ版にしました。

パッケージ版はディスクが2枚組です。

ただ、オリジナル版FF7のように進行度合いによってディスクを入れ替えるということではなく、一枚が「データディスク」でもう一枚が「ゲームディスク」となっています。

まず開封後に「データディスク」を読み込んでから、実際に遊ぶときは「ゲームディスク」のみを使用するようです。

そのため、オリジナル版のように途中で入れ替える必要はないので以前のような煩わしさはなさそうです。

 

本日開封後に早速、「データディスク」を読み込んだのですが、読み込みにかかった時間は「約40分」でした!

最初に表記された時間は「70分」だったので正直、「マジかよ…」となったのですが実際には約半分で完了しました。

 

そして「ゲームディスク」に入れ替えてから遊んでいますが、先にデータを読み込んでいるので、プレイ中のロード時間は全くなく、非常に快適です。

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】変更になったバトルシステムの感想は?

(画像引用元:Amazon

今作のFF7リメイクは、純粋なコマンド式バトルではなく、アクション式バトルとなっています。

この点も前作ファンの方から不安視されていた部分でした。

私もその中の1人でしたが、結論から言うと、このアクション式のバトルが非常に面白いです!

敵の攻撃を回避やガードしながら、通常攻撃でATPゲージを溜めて、魔法や技で弱点をついて攻撃や回復をするという流れです。

 

プレイ2時間時点では、操作できるのは主人公のクラウドとバレットですがどちらのバトルも楽しいです。

クラウドは代名詞であるバスタードソード(大剣)を振り回すのが無双ゲーっぽくて爽快です!

バレットは腕に装着しているマシンガンでの攻撃が派手なエフェクトもありこれまた爽快です!

 

実際にプレイするまでは不安でしたが、リメイクに伴いバトル方式をコマンドからアクションへの路線変更は大成功だと感じました。

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】ゲームとしての難易度は?

(画像引用元:楽天

ゲーム開始時点で選択できるのは「NOAMAL」「EASY」「CLASSIC」の3つです。

デフォルトは「NOAMAL」なので、私は「NOAMAL」で進めています。

ちなみに私はアクションゲームはあまり得意ではありません。

 

それでも、体験版でもあった一体目のボスである「ガードスコーピオン」には多少苦戦しましたが、ゲームオーバーにならずになんとか撃破。

この先、苦戦するようなことがあれば「EASY」に変更しようかと思います。

ゲーム中は戦闘中以外、「オプション」からいつでも難易度変更できます。

難易度変更によるペナルティもなさそうです。

 

3つめの難易度である「CLASSIC」は、オリジナル版のようなコマンド式を意識したものとなっています。

難易度というよりは、バトルシステムが変更できます。

「CLASSIC」の難易度自体は「EASY」と同じです。

 

この「CLASSIC」はコマンド式というよりは「オートバトル」といった印象でした。

戦闘中の「通常攻撃」「ガード」「回避」の行動をオートで行い、プレイヤーは溜まったATPゲージで「魔法」「技」「アイテム」「リミット技」を入力するという戦闘スタイルです。

実際にプレイしてみましたが、このオートバトルは爽快感もなく、ゲージが溜まるまでは見ているだけで、正直あまりおもしろくない…。

爽快感のあるアクション式バトルが楽しめる「NOAMAL」か「EASY」を推奨します!

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】PS4リメイクのグラフィックの感想は?

(画像引用元:楽天

FF7リメイクのグラフィックは、非常に美しいと感じました。

特に、ミッドガルの作り込みは素晴らしく、ストーリーを進めずにあちこちうろついてしまうほどです。

 

そしてスクエニ特有のムービーシーンの美しさは言うまでもありません!

「これを待っていたんだよ!」と十二分に期待に応えてくれるグラフィックの出来でした。

 

ただ、残念ながら気になる点も少しありました。

主要キャラの作り込みは言うまでもなく素晴らしいのですが、街にいるモブキャラの顔は残念な仕上がりです。

正直、「え、これってPS2?」って感じてしまうほどの表情です。

 

上述のように、主要キャラの作り込みやムービーシーンが素晴らしいがゆえに、逆に気になるのかもしれません。

残念ながら洋ゲーのグラフィックにはあと一歩が及ばず、「惜しいのになあ」と感じてしまいました。

グラフィックに関しては、それ以外は完璧なんですけどね。

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】フルボイスになった感想は?

(画像引用元:Amazon

FF7リメイクのフルボイスの感想は、満足できる内容でした。

オリジナル版FF7では声がなかったクラウドはイメージ通りの声で話してくれます。

また、オープニングからアバランチの面々と作戦を共にするのですが、作戦を説明してくれたり、メンバー同士が会話をしていたりするので、一緒に作戦を展開している臨場感があります!

 

ただ惜しむらくは…バレットの声です。声というかキャラというべきでしょうか。

リメイク版のバレットは、結構テンションが高い系なんですね。

オリジナル版をプレイしていた時は勝手ながら、寡黙なリーダーキャラを想像していたので。

でも、私だけじゃないはず…。

 

「えっ、あ、こういう感じなん?」とまだ開始2時間では違和感が払拭できておりません。

あと数時間もプレイすれば気にならなくなると思いますが。

 

まだ「ティファ」や「レッドXiii」とは出会ってはいませんが、現時点では概ね満足です。

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】セーブ時間は長い?

(画像引用元:楽天

FF7リメイクはオートセーブ対応となっています。

オートセーブが入るのは、ストーリーの節目です。

ただそれ以外でも、バトル中以外はコンフィグ画面から手動セーブが可能です。

 

ちなみに、初回の手動セーブは「約40秒」かかりました。

最近のゲームにしては結構長めだったので、一瞬「フリーズか?」と不安になってしまいました。

初回以降は「約10秒」となっているので、快適とまでは言えませんが、問題ないかと思います。

 

スポンサーリンク

【FF7リメイク】製品版感想まとめ(プレイ2時間時点)

(画像引用元:楽天

以上、FF7リメイク製品版のプレイ2時間の感想をまとめました。

買うギリギリまでは不安もあり迷っていたのですが、今では「買ってよかった!」と断言できます!

購入を迷われている方の参考になれば嬉しく思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

・購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

Amazonで見る

楽天で見る       

 

スポンサーリンク
GAME
スポンサーリンク
薬パパは今日も定時で帰ります。
タイトルとURLをコピーしました